キャンプ

【予算3万円以下】でGoToソロキャンプ!!

カトタカ

45歳でFIREを目指す手取り14万円の兼業サラリーマンです👨‍🏭

こんにちわ。 カトタカです。

今回はインドア派なキャンプ歴5年の私が”予算約2万5千円”で始められる

ソロキャンプ道具をオススメしていきたいと思います。

(基本的にサクッと読めるように書いています)

それでは!!

【この記事を読んで】

・初心者でもキャンプへ行けます

・予算約2万5千円からキャンプへ行けます

・春〜秋キャンプへ行けます(冬は無理)

まずはソロキャンプに最低限必要な道具を紹介します。

【必要な道具】

  • テント
  • シュラフ(寝袋)
  • テーブル
  • チェア
  • ランタン

それではまずはテントから

【テント】

このテントを選んだ5つの理由

  • コンパクト
  • サイドパーツの購入必要なし(ペグ、ロープ、グランドシート付)
  • 中が広々
  • 二層構造(フライシート付)
  • 見た目がオシャレ(白・赤で)

収納袋もサイドパーツも付いているので初心者の方にはオススメです。

中も広々なので大人二人で瞑想しても全然狭くありません。

二重構造

フライシートは屋根がわりになります。

夏などはいらないかもしれませんが急な雨や寒い季節は

フライシートがあるだけで違います。

白を基調とした、かわいいテントですよね。

MSRというメーカーにも同じような色合いのテントがあります。

(値段は何倍もしますけど)

次に紹介するのは

【シュラフ(寝袋)】

私も愛用しているホークギアのシュラフです。

シュラフは夜、寝る時に必要です。

コンパクトに持ち運べる布団みたいな感じです。

カラーバリエーションも豊富で私は黒色を使っています。

生地は安っぽい感じですが、まぁ安いのでしょうがないレベルで使っています。

ズレ防止のテープなんかも縫い方など甘さがありますが

正直シュラフの中に入れば気にならない程度です。

夏場などはシュラフを広げえて下に敷くのもいいですし、上にかけるでもいいです。

キャンプだけではなく、緊急避難時の時にもシュラフが一つあるだけで全然違いました。

次の紹介する商品は

テーブル

このMoonLenceのメーカーのキャンプ道具は

コスパがいいのが多い!!

この次に紹介しますがチェアもいいです。

まずはテーブルの話から

見た目はこのような感じです。

天板もしっかりしていて

下にはライター、包丁など使っていないものを置けるスペースもあります。

なんといてもテーブルにそのままランタンスタンドが付いているのが

最高ではありませんか。

テーブル上もそこそこ広いので不自由なく使えます。

このテーブルシリーズは何個か買えば色々と組み合わせて使えるので

それもめちゃくちゃいいですよね。

キャンプに慣れてきたら、もう一つ買い色々なスタイルで楽しんでください。

続いては

【チェア(イス)】

先程のテーブルと同じメーカーのチェアです。

サイドにはスマホなどを入れられるポケットが付いているのが便利。

テーブルの上に置いておくのも邪魔だし、ズボンのポケットだと取り出しにくい

「そうだチェアのサイドポケットに入れよう」となります。

 

4本の足を畳んだらグランドチェアにもなる優れもの。

なんとも色々とお金がないキャンパーさん達のこともよく考えておられる。

このチェアもたたむとコンパクトになるのでオススメです。

某アウトドアメーカーのヘリノックスに類似していますが、

価格はこちらの方が断然安いです。

続いては

【ランタン】

ランタンも絶対必要です。

初めてキャンプをする人たちを襲うのが

夜の暗闇の恐怖です。

夜ライトがないだけで、結構怖いですし危ないです。

ですのでランタンは必ず持っていきましょう。

紹介するのはジェントスのランタンです。

ペットボトルより小さいサイズで

光の色も変えることが出来ます。

カバーを外すことで影もなくなり

先程紹介したテーブルのランタンフックに吊るし

調理などもできます。

【金額】

紹介してきた金額の合計は

テント:9970円

シュラフ:4990円

テーブル:3999円

チェア:3690円

ランタン:3780円

合計:26,429円(2021年2月6日時点)

なんとか3万以内に収まりました。

正直これだけ揃えばあとは家にあるモノでキャンプへ行けます!!

(ガスコンロとか鍋等)

サクッと紹介してきましたが以上になります。

これからキャンプに挑戦する人は初めての経験で色々と戸惑うことが多いかもしれません。

そもそも私も元々インドア派(今もか...)なので最初は躊躇しましたが

何回か行くと慣れます。

そうするとあれも欲しいこれも欲しいもっと欲しいもっともっと欲しい

となってキャンプ沼にハマっていきます。笑

初心者の方への基本的なキャンプ道具の紹介をしてきましたが

参考になりましたでしょうか?

皆さんに読まれるような記事を書いていきたいと思いますので

これからもよろしくお願いいたします。

最後に

予算はオーバーしますが私のオススメを

【番外編】

SOTOの「ウィンドマスター」です。

初めて買ってからもう5年ほど使っています。

登山でも使えるので凄い重宝しています。

別売りのこのゴトクもあるといいです。

大きめの鍋ものせれます。

クッカーはユニフレームの角型を使っています。

鍋2つとフライパンも付いています。

この四角だとインスタントラーメンがそのまま入れれるので

家でもめちゃくちゃ使っています。

値段は高いですが...

他にもいろいろなキャンプ道具がありますので探してみてくださいね😋

 

それじゃまったね〜

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

カトタカ

45歳でFIREを目指す手取り14万円の兼業サラリーマンです👨‍🏭

-キャンプ

© 2021 カトタカch