マーケットまとめ

株式投資2021年5月20日マーケットまとめ 後場プラス転換して5日線を上回る、週間でもプラスを達成できるか

カトタカ

45歳でFIREを目指す手取り14万円の兼業サラリーマンです👨‍🏭

前日のマーケットまとめ↓

【マーケットデータ】

日経平均   28098.25(+53.80)
TOPIX           1895.92(+0.68)
マザーズ         1103.75(+11.68)
NYダウ          33896.04(-164.62)
NASDAQ      13299.73(-3.89)
S&P500        4115.68(-12.15)
米ドル円       109

【マーケット話題】

東証1部の騰落銘柄数は値上がり1385/値下がり703。
SOX指数の上昇を手掛かりに、東京エレクトロンやレーザーテックなど半導体株が上昇。
太陽誘電、富士通、日本電産など主力ハイテク株に買いが入った。
帝人、東レの繊維大手2社が大幅上昇。自己株取得を発表した岩崎電気が急伸した。
Sansanと資本業務提携を再締結したと発表したFringe81が、
場中は値がつかずストップ高比例配分となった。
一方、定款変更が増資への懸念を強めたANAが4%を超える下落。
日本製鉄、東京製鉄、JFEHDなど鉄鋼株の下げが目立った。
住友鉱山や東邦亜鉛など非鉄株も多くが軟調。
原油安を受けてINPEXが売りに押された。
SOMPOやはせがわは決算が売り材料となって大幅安。
直近急伸していたジーエヌアイグループが一転急落した。
日経平均は開始直後に27800円台まで下落したものの、28000円台を回復してプラスで終えた。
終値(28098円)では5日線(28091円、20日時点)を上回っており、節目の水準も意識された。
前場では上値が重くなる場面があったマザーズ指数は、後場に入って強い動きを見せ、高値圏で終えた。
大型、中小型とも下値は堅くなりつつあるだけに、この辺りで大きな上昇に期待したいところだ。
今週の日経平均はここまで上げ下げは激しかったが、きょうの終値(28098円)は、
先週末の終値(28084円、5/14)にほぼ近い。
週間でプラスを達成し、底打ち期待を高めて来週を迎えることができるかに注目したい。

【値上がり上位(全市場)】

  1. Fringe81<6550> 401円(+80)
  2. ブロードマインド<7343> 1433円(+285)
  3. アイキューブドシステムズ<4495> 4915円(+700)
  4. 日本食材工業研究所<4920> 1335円(+177)
  5. ケアネット<2150> 6480円(+800)
  6. HPCムズ<6597> 3805円(+460)
  7. サイバートラスト<4498> 8260円(+960)
  8. テラプローブ<6627> 1563円(+171)
  9. スプリックス<7030> 1229円(+119)
  10. 小田原エンジニアリング<6149> 2828円(+272)

【ストップ高】

◆アイキューブドシステムズ<4495> 4915円(+700) 時価総額256億円
◆テセック<6337> 2926円(+191) 時価総額169億円
業績高変化を背景に投資マネーの流入続く
◆Fringe81<6550> 401円(+80) 時価総額48.8億円
Sansanと資本業務提携
◆和心<9271> 539円(-37) 時価総額16.5億円
2連ストップ高

【ストップ安】

なし

【気になる決算】

◆東京海上ホールディングス<8766> 5299円(-292) 時価総額3兆6961億円
今期経常は65%増で3期ぶり最高益、20円減配へ
◆SOMPO<8630> 4328円(-119) 時価総額1兆6158億円
今期経常は14%減益、40円増配へ

【新興株決算】

◆夢みつけ隊<2673> 129円(+4) 時価総額13.5億円
前期経常は31%増益で着地・1-3月期(4Q)経常は73%増益、今期業績は非開示
◆イントランス<3237> 81円(+7) 時価総額30.1億円
今期は黒字浮上へ
◆FRONTEO<2158>
前期経常が上振れ着地・今期は36%増益、3期ぶり3円で復配
◆極楽湯ホールディングス<2340> 312円(+6) 時価総額57.9億円
前期最終は赤字縮小で着地・1-3月期(4Q)最終は赤字縮小、今期業績は非開示
◆オンキヨーホームエンターテイメント<6628>
前期最終は赤字縮小で着地・1-3月期(4Q)最終は赤字縮小、今期業績は非開示

【新興株】

◆シンバイオ製薬<4582> 1473円(-4) 時価総額566億円
もみ合い。
中外製薬<4519>が再発または難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫を
効能とするポラツズマブベドチン(遺伝子組換え)について、薬価収載されて販売を開始したと発表している。
これによりベンダムスチン、リツキシマブとポラツズマブベドチンとの併用療法で
シンバイオ製薬が販売する抗腫瘍薬トレアキシンの使用が可能となった。
同社は21年度の事業黒字化に向け「大きな原動力となる」と評価している。
◆ディーエムソリューションズ<6549> 1480円(+50) 時価総額41.6億円
大幅続伸。
越境EC物流事業で国際物流事業のペガサスグローバルエクスプレス(東京都江東区)と
業務提携することで基本合意したと発表している。
ディーエムソリューションズの国内EC物流事業とペガサスグローバルエクスプレスの
航空国際宅配便を主とした国際物流事業を融合する。
越境EC物流アウトソーシングサービスを展開することで、
越境EC通販事業者の利便性向上を図る。
◆ULSグループ<3798> 3645円(+290) 時価総額225億円
大幅続伸。
子会社のウルシステムズ株式会社が兼松<8020>の
デジタルトランスフォーメーション(DX)推進に向けたIT部門強化を支援したと発表している。
投資や買収など大小数百種類に及ぶ決裁を全面的にシステム化し、
意思決定の場から書類を一掃するという。
現在、兼松グループはシステム内製化に取り組んでおり、
今後は外注と内製を織り交ぜてDXを推進していく計画。
DX支援の需要拡大に対する期待から買いが入っているようだ。

【売買代金】

東証一部   2兆1734億円
東証二部   315億円
東証マザーズ  1571億円
JASDAQ    489億円

【人気テーマ】

  1. デジタルトランスフォーメーション
  2. 半導体
  3. 脱炭素
  4. 2021年のIPO
  5. サイバーセキュリティ
  6. 半導体製造装置
  7. 再生可能エネルギー
  8. 水素
  9. 旅行
  10. CO2回収・貯留
  11. 自動運転車
  12. 人工知能
  13. TOPIXコア30
  14. 電気自動車関連
  15. 2020年のIPO
  16. パワー半導体
  17. 非鉄
  18. 全固体電池
  19. JPX日経400
  20. ゲーム関連
  21. 鉄鋼
  22. NFT
  23. 海運
  24. 木材
  25. アウトドア
  26. 新型コロナワクチン
  27. 仮想通貨
  28. 5G

【PTSランキング】

朝方更新
※株式売買は自己責任に基づいてご判断ください。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

カトタカ

45歳でFIREを目指す手取り14万円の兼業サラリーマンです👨‍🏭

-マーケットまとめ

© 2021 カトタカch